大阪TEN−ON・ギター教室 よくあるご質問

音楽はコミュニケーション。

楽器上達のこつは目標を定めること、同じ目的の仲間を持つことだと思っています。

ギターレッスンを始めるにあたって、よく頂く質問をまとめてみました。
Q、
ギターを持っていません。購入の相談にのっていただきたいのですが。
A,  
もちろんです。ギターには、エレキ(ジャズ用、ロック用)、生ギター(フォーク、クラシック)といろんな種類と値段があります。
よくネットとかを一緒に見て、こんなのが良いんじゃない?ってかんじてやってます。

 

 
Q、
入会にあたり、レッスンの見学はできますか?
A,           
ご見学頂いても結構なのですが、ちょうど同じレベルとか同じ種類の音楽をやってる方の見学をしないと、あまり意味がありません。
なにぶんバラエティ豊かに、いろいろな方がいらっしゃるのです。
できれば日程を決めて、1対1でギター を弾いていただいたり、レッスンの方向をご相談させていただいたりしたいです。いわゆる、体験レッスンですね。

 

 
Q、
仕事の時間が不規則で、決まった曜日とかに行けません。大丈夫ですか?月謝とかどうなりますか?
A,                       
こんなかんじでやってます。

週1回(月4回)30分:月謝8000円
隔週1回(月2回)60分:月謝8000円
週1回(月4回)60分:月謝14000円  等

決まった曜日・時間に来る方、その都度次回のレッスン日をご予約する方、 その他いろいろな頻度で来る方がいらっしゃいます。
できるだけ臨機応変に対応させていただいております。是非ともご相談ください。

 

 

Q、

「バンド道場」っていうのが楽しそうに思っているのですが、出演できますか?

A,         

「バンド道場」はギター中心のイベントなのですが、そこにベース、ドラム、ピアノをやってる人たちも加わって、そ の都度バンドを結成しての生徒さんのライブです。
もちろんソロで弾き語りをやったりする方も大勢いらっしゃいます。
2ケ月に1度の頻度でやってます。
「バンド道場」が近づくと、レッスンにその人とバンドを一緒にやる人が乱入してきたり して、誰のレッスンかわからない状況のにぎわいになることがよくあります。
それから、ライブ後、毎回反省会と称して、 打ち上げ宴会をやってます。そのままセッションになだれ込むのが恒例なのですが、これを楽しみに来る方もいらっしゃいます。

 

 

Q、

ロックバンドでギターを弾いています。
レベルアップのために、レッスンを受けたいのですが、自分のバンドのライブも積極的にやりたいと思っています。
そういう機会はありますか?

A,

「バンド道場」にご自身のバンドで出演する方もいらっしゃいます。
また、TEN−ONはレンタル・ホールをやってるんで、お友達を集めてのワンマン・ライブ等も是非やってみてください。

 

 

Q、

ギターの弾き語りをやりたいと思っています。そういう方はいらっしゃいますか?

A,

シャンソン、ボサノバ、フォークソング・・・たくさんいらっしゃいます。
そのうち、自作の曲とかが作れるようにな ったら、さらに楽しいと思います。ライブで発表してください。
しかしながら、歌は指導できませんので、ごめんなさいです。

 

 

Q、

ジャズギターをやる場合、ジャムセッションには参加した方が良いですか?

A,       

ジャズの場合、人とセッションしながら経験を積むのが基本です。
ただ、いろんなお店でやってるセッションでは、どんな人と共演するのかわからないので、自分のイメージした通りの演奏ができないことが大半です。でも、ジャズのやり方 に慣れるという意味では、いわゆるセッション・デイに参加する意味はおおいにあると思います。
教室でのレッスンでは、いわゆるギター・デュオのスタイルで理論的なものを説明しながら、課題曲を徹底的に追求するというかんじになります。
また、ご自宅での練習にお勧めしているのは、MTRにバッキングを自ら録音しての、ソロ練習です。いわゆる宅録マニアになってほしいと思っています。

・お申し込み・お問い合わせはこちらのページよりお願い致します。 → レッスンのお問い合わせ